DAITADESICA from aomori 世田谷代田と下北路線街


世田谷代田のダイタデシカ、本店で以前より扱っていただいている当方デザインの曲げわっぱ弁当箱を、世田谷代田駅から徒歩2、3分の世田谷代田キャンパス内に出来たDAITADESICA from aomoriでも置いていただくことになり、先日納品に行ってきました。


この施設は、コロナ禍真っ最中の4月にオープンされたとの事。元々この界隈は地元の人達がのんびりと生活している人達が多いとのことで、コロナ前と変わらないです〜とダイタデシカ、オーナーの南さんは笑顔でおっしゃっていました。


親子弁当は大館工芸社の元工場長・現営業部長であるF氏のアイデアで、当方はパッケージデザインを監修しました。キッズ向けの小ぶりな曲げわっぱはとても可愛らしく、ジュエリーボックスなど色々な使い方が出来ると思います。機会があれば是非、ご覧になってください。

ギフトセットとして、2サイズセットの箱もご用意できます。当方のショップサイトでは3サイズセットも可能です。



環七に並行した通りを中心に代田のローカルな魅力を発信し続けている「ダイタデシカ、」さんが中心となって、ものごと祭りやタウン誌など仕掛けてらっしゃいます。地元愛がひしひし感じるエリアです。

写真は今回購入した青森の珍しい野菜と小麦粉、黒にんにく。同じ世田谷代田キャンパス内の東京農大のお店で卒業生が作るワインとビール。どれも美味しかったです。


また、世田谷代田駅から下北までの小田急線地下化に伴って出来た線路跡に、BONUS TRACKという商業施設が出来ています。ツバメアーキテクツが設計した2階建木造住宅のような小さな建物が点在しているエリアと一つの中規模な施設があり、まるで公園のような雰囲気。圧迫感のない街に開いた建築、それぞれに展開しているこだわりの飲食店舗など、この界隈の住民のキャラクターとマッチしたフランク感で、若い世代から中高年まで、今後賑わいそうです。代田界隈の低層商業施設が、近所の人達に穏やかな潤いをもたらしている様がとても気になるこの頃です。







Copyright © architecture + design issun by Yuki Tanaka All Rights Reserved.